コラム

Column

2022.07.05

シミそばかす取りならピコスポット。痛みは?色素沈着の予防には?

シミの種類について

ピコスポットはピコレーザーを使ってピンポイントにシミやそばかすを取っていく施術です。

ダウンタイムはありますが、1回でも効果を実感しやすいのが最大のメリットです。

「シミ」とはよく言われますが、皮膚が黒くなる原因は様々で、いわゆる普通のシミである老人性色素斑からそばかす、肝斑、ニキビ跡などの色素沈着、ホクロ、母斑などあります。

より詳しい説明については日本形成外科学会のホームページをご確認ください。

すごくザックリと説明するとピコスポットが適しているのはコインのように濃くて境界がハッキリしているようなシミそばかすです。

もやっとしたようなものや薄いものはピコトーニングのほうが適しており、ホクロについては削らないと取り切れません。

ピコスポットはビフォーアフターが出やすくて適応を選べば満足度の非常に高い施術ですが、痛みやダウンタイムを心配される方もおられます。

ピコスポット 症例写真 AILE Clinic

ピコスポットの痛みは対策すれば大丈夫

ピコスポットはピンポイントでシミを焼く施術なのでヤケドをした時と同じような状態になります。

そのままだと痛いので当院では保冷剤または麻酔のクリームを使用して痛みを抑えます。

シミが1ヶ所など少ない場合は保冷剤でお冷やしをしてから照射を行います。

全顔シミ取り放題など個数が多い場合は保冷剤で冷やすのが大変なので脱毛レーザーなどで使われる麻酔のクリームを塗ってその後に照射を行います。

保冷剤や麻酔クリームを使用すると施術中ほとんどの方は痛みがないとおっしゃられます。

目の近くの皮膚が薄い部分は他の場所と比べると痛みを感じやすいのですが耐えられないという方はおられません。

痛みについては施術中というよりむしろ施術して少し経ってから日焼けをしすぎた後のジンジンした痛みのような感じが出てきますので、気になるようならご自宅で気持ちの良い程度で保冷剤で冷やしていただけたらと思います。

もちろん施術中にはお声がけをしてやっていきますのでご安心ください。

ピコスポットのダウンタイムは?

ピコスポット後は赤みが出たりかさぶたができることはご存じの方も多いですが、どれくらいで落ち着くかは個人差があります。

かさぶたについては表皮のターンオーバーによってポロッと落ちるため若い方ほど改善するのが早い傾向にはありますが1週間ほどを見ておいていただけたらと思います。

問題になるのは色素沈着です。

手をヤケドした時と同じように数日で治るものではなく何ヶ月もかかってしまいます。

色素沈着が出てくるタイミングはかさぶたが取れる頃で、ピークはレーザーを打ってから1ヶ月後くらいです。

そのため、「いったん良くなったのにシミが戻ってきた」という感じで訴えられる方が多いです。

色素沈着にならないようにするには出力を落としてレーザーをすれば良いのですが、それだと当然効果も落ちてしまいます。

ドクターによって考えはそれぞれだと思われますが、私井原としては色素沈着にビビって出力を落とすくらいならピコスポットじゃなくてピコトーニングでいいのではと考えておりますのでしっかりめに照射を行います。

ダウンタイムが強くなるリスクは上がりますが効かないより効くほうが良いのではないでしょうか。

ダウンタイム中は保湿、UVケアをしっかりしていただき、当院でお渡しする塗り薬の使用をお願いします。

色素沈着を抑えるには日々のケアとお薬

色素沈着にも程度は色々ありますが、施術してすぐにはレーザーは当てないほうが良いです。

気になるからまた当てて欲しいとおっしゃる方もおられますが、落ち着いていない状態でレーザーをバンバン打っても逆効果となります。

お肌を休ませて上げるのも立派な治療です。

レーザーの追加はすぐには行なえないので、治療はハイドロキノンの塗り薬やトラネキサム酸やビタミン剤の内服を行います。

飲み薬についてはあまり注意することはありませんが、ハイドロキノンについてはちょっとした注意が必要です。

ハイドロキノンとはお肌の漂白剤のようなものですが、肌への刺激性がありピリピリしたり赤みが出たりすることがあります。

そのため、ピコスポット直後に使用するとお肌への負担が大きく、照射して最低でも2週間以上経過してから使うほうが無難でしょう。

また、塗る時はベタベタにするのではなくピンポイントで薄く使用するようにして、紫外線に敏感になりますのでUVケアの徹底が必要となります。

もちろんそういったお薬を使用しなくても時間とともに色素沈着は段々と良くなっていきますが、より早く良くしたいという方はご相談ください。

ピコスポットの2回目は最低でも半年以上開けて

1回でも効果が出やすいピコスポットですが全てが取り切れるわけではありません。

そうなると2回目という話になりますが、色素沈着のリスクがありますので1回目からの間隔は半年以上開けたほうが良いでしょう。

残ったものについてもピコスポットで取れなかったものはピコトーニングのほうが適していることが多いので、ピコスポットを連打するよりは切り替えたほうが良いかもしれません。

2回目のピコスポットについてはまたシミやそばかすが濃くなって来た時にまた考える、くらいの気持ちで良い気がします。

UVケアをしっかりすれば夏でも大丈夫

レーザー系の施術の後はUVケアが必要なため冬じゃないとダメなのではとお考えの方もおられますが、日焼け止めや日傘などしっかりすれば夏でも問題ありません。

こちらの画像は気象庁のホームページから取ってきたものですが、夏だけじゃなくて春や秋でも紫外線の量が多いのがお分かりかと思われます。

真夏だと外に出る気にもあまりならないでしょうし紫外線には細心の注意を払う方が多いでしょうが、春や秋は油断して外出しがちなので浴びる紫外線の量としては真夏より多い可能性すらあります。

また、紫外線のダメージを受けたお肌が回復するにも時間がかかりますので、本当に紫外線を少しでも浴びるとダメなら1月2月しかレーザーを打てないという話になってしまいます。

しかし、実際そんなことはなくて他の時期にピコスポットをやった方でもトラブルにはなっていないためあまり季節を気にし過ぎても仕方ないと思います。

もちろん毎週サーフィンに行ってるとかゴルフに行ってるとかだと厳しいでしょうが、普通に生活してUVケアしている分には問題ないでしょう。

適しているのがピコスポットなのかピコトーニングなのかなど気になることがございましたら、まずは無料カウンセリング枠でご予約しただけたらと思います。

ピコレーザーについてはこちら

料金表についてはこちら

キャンペーンやモニター募集は随時おこなっておりますのでご相談下さい。

クリニック紹介はこちら

初めての方はこちらを御覧ください。

上野・御徒町の美容外科・美容皮膚科 AILE Clinic(エールクリニック) 院長 井原力哉

Let's share!