美容皮膚科(プチ整形)・美容内科

Aging Care

瘢痕注射(ケナコルト)

ケナコルトとは副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)の1つで、抗炎症作用や抗アレルギー作用などがあり、関節腔内注射や軟組織内注射として使用されるお薬です。
ケナコルト注射は主に盛り上がっている傷を平坦にする効果や、赤みのある傷を白くする効果、傷のかゆみを抑える効果があります。

このような方へおすすめ

  • 傷跡が盛り上がってきた方

術後経過とアフターフォロー

注射箇所に赤みが出ますが、数時間で治まります。
内出血が起こることがありますが、1~2週間程度で治まります。

術後のリスク・副作用

  • 赤み
  • 内出血
  • 皮膚がへこむ

よくある質問

何回注射をする必要がありますか?
個人差や傷跡の程度にもよりますが、1-2か月程度に1階の施術を数回受けていただくことがあります。
痛みはありますか?
針を刺す痛みと注入する際の痛みはあります。

術後注意事項

  • 注入部位への圧迫などは避けてください。
  • 施術当日のアルコールの摂取は避けてください。
  • 当日の入浴は可能ですが、注入部位を強く擦るのは避けてください。

禁忌事項

  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方、授乳中の方は施術を受けることができません

料金

※施術範囲によっては料金が変動します

瘢痕注射(ケナコルト)
¥13,000(税込¥14,300)