fbpx

コラム

Column

2023.12.04

#目元

クマ取り治療の4つのデメリット【メリットも含めて徹底解説】

顔が疲れているように見えたり、不健康に見えたりするクマを改善するクマ取り治療には、多くのメリットがあります。しかし、クマ取りにも複数のデメリットが存在することも事実であり、これらを理解した上で施術に臨むことが重要です。

本記事では、クマ取りの代表的なメリットデメリットを解説するとともに、クマ取りに関するよくある質問にも回答いたしますので、ぜひ参考にしてください。

クマ取りのデメリットは?

はじめに、クマ取りの代表的なデメリットを見ていきましょう。

  • ダウンタイムがある
  • 小じわの発生リスクがある
  • 医師の技術に左右される面もある
  • ハムラ法の場合は目の下にキズが残る可能性がある

それぞれ順番に解説します。

ダウンタイムがある

クマ取りの治療法によって期間は異なりますが、クマ取りにはダウンタイムがあります。ダウンタイム中の症状は、内出血や痛み、腫れなどが挙げられます。
クマ取りのダウンタイムは、数日〜2週間程度で症状が治まることがほとんどです。もし仮に、2週間以上経過しても症状が治らない場合は、担当医師に相談するようにしましょう。

小じわの発生リスクがある

クマ取り治療では、小じわの発生リスクがあることもデメリットです。クマ取りのために脂肪を取り除くことで、皮膚が余ってしまい小じわとなるケースがあります。
特に、シミやたるみが多い方や、目元が乾燥している際に小じわが発生しやすいです。

医師の技術に左右される面もある

クマ取り治療は、医師の技術に左右される面もあります。取り除く脂肪量を適切に判断できない場合、脂肪を取りすぎてくぼみが目立ってしまったり、脂肪を取り残してたるみが解消されなかったりします。
これらの医師の技術を判断するためには、ホームページの症例写真を確認することと、無料カウンセリングを活用することの2つが挙げられます。
御徒町駅から徒歩1分のところにあるエールクリニックでも、ホームページにて症例写真を公開しています。

https://aile-clinic.jp/case/

ハムラ法の場合は目の下にキズが残る可能性がある

クマ取り治療の1つに「ハムラ法」と呼ばれる手術があります。ハムラ法とは、目元の脂肪の突出を骨に固定して、目の下のたるみやふくらみ、凹みを解消する治療のことです。
ハムラ法は目の下にキズが残りやすく、肌の状態によってはキズが中長期に渡って続いてしまうことがあります。
その上で、美容クリニックを検討する方の多くは「黒クマ」で悩んでいることが多く、基本的には脂肪取りのみでクマが改善することも多いです。
そのため、キズが残ってしまう可能性と費用の高いハムラ法を選択するよりかは、適切な技術を持った医師が行う脂肪取りの施術を推奨します。
エールクリニックでも、クマ取り治療の無料カウンセリングも行っておりますので、ぜひお気軽にクマ取り治療をご相談ください。

料金表についてはこちら

キャンペーンやモニター募集は随時おこなっておりますのでご相談下さい。

クリニック紹介はこちら

初めての方はこちらを御覧ください。

東京上野・御徒町の美容外科・美容皮膚科 AILE Clinic(エールクリニック) 院長 井原力哉

クマ取りのメリットは?

ここまで、クマ取りのデメリットを解説してきましたが、多くのメリットがある施術であることも間違いありません。クマ取り治療のメリットは下記のとおりです。

  • キズ跡が分かりにくい
  • 半永久的に効果が続く
  • ダウンタイムが短い

それぞれ順番に見ていきましょう。

キズ跡が分かりにくい

クマ取りの施術には、レーザー治療、再生注射、経結膜脱脂法などの種類があります。中でも、経結膜脱脂法は効果が実感しやすいのと同時に、抜糸の必要もありませんし、キズ跡も残りません。
また、上述したハムラ法は費用が高い傾向にある一方で、経結膜脱脂法は費用を抑えて施術を受けることも可能です。
エールクリニックでもキャンペーンを開催しておりますので、費用を抑えてクマ取り治療を行いたい方は、ぜひお気軽にご予約をお申し込みください。

半永久的に効果が続く

クマ取り治療の中でも「再生注射」の場合、一度の注射で効果を実感することは難しく、複数回打ったとしても長期間に渡って効果が持続することはありません。
一方で、経結膜脱脂法のように脂肪を取り除く治療の場合、半永久的に効果が持続します。脂肪細胞は再生することがないので、一度の施術で済むことも非常に大きなメリットです。

ダウンタイムが短い

最後に、クマ取り治療はダウンタイムが短いこともメリットです。3日〜最長で2週間程度は症状が現れることがありますが、メイクや眼鏡、サングラスで隠すことができます。
そのため、術後の仕事の予定やプライベートに穴を開ける必要もありません。

クマ取りに関してよくある質問

これからクマ取り治療を行う方は、事前に解決しておきたい悩みがいくつもあるでしょう。ここでは、クマ取り治療を検討している方がよく悩むことに回答します。

  • クマは自力でなくすことができる?
  • ダウンタイム中の過ごし方は?

それぞれ順番に見ていきましょう。

クマは自力でなくすことができる?

自力で改善するのは100%難しいとは言い切れないものの、自力でなくすのは困難であることも多いです。そもそも、クマが発生する原因は眼窩脂肪の突出であることも多く、マッサージや血行改善では治すことができません。
クマの種類には「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」がありますが、特に黒クマの場合は自力での改善は非常に困難です。
美容クリニックの経結膜脱脂法(切らないクマ取り)であれば、一度の施術で今まで悩んでいたクマを改善できるため、早期での改善を希望している場合は美容クリニックでの治療を推奨します。

ダウンタイム中の過ごし方は?

ダウンタイム中は、枕を高くして寝ること、運動・入浴・飲酒は控えること、術後48時間以内は患部を冷やすことを心がけましょう。
入浴に関しては当日は控えたほうが良いですが、翌日以降は入っても問題ありません。激しい運動、飲酒は1週間は控えるようにしましょう。

クマ取りができるクリニックをお探しならエールクリニックへ

本記事では、クマ取りの代表的なデメリットを解説してきました。改めて整理すると、クマ取りのデメリットは下記のとおりです。

  • ダウンタイムがある
  • 小じわの発生リスクがある
  • 医師の技術に左右される面もある
  • ハムラ法の場合は目の下にキズが残る可能性がある

クマ取りのデメリットを最小限に抑え、失敗リスクを軽減するためにも、必ず技術力の高い美容クリニックの無料カウンセリングを受けましょう。
エールクリニックでも、日々多くの患者様にクマ取り治療を提供しており、脂肪取りのみでも改善できる治療を行います。無料カウンセリングはもちろん、通常よりも安価に治療を受けられるキャンペーンもご用意しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

料金表についてはこちら

キャンペーンやモニター募集は随時おこなっておりますのでご相談下さい。

クリニック紹介はこちら

初めての方はこちらを御覧ください。

東京上野・御徒町の美容外科・美容皮膚科 AILE Clinic(エールクリニック) 院長 井原力哉

Let's share!