fbpx

コラム

Column

2023.12.04

#目元

クマ取り治療のやり方は?おすすめのクマ取り治療とダウンタイムも解説

日々メイクで隠すことができないシミに悩んだり、鏡を見るたびにクマが見えてしまいストレスを抱えたりする方は非常に多いです。「どうにかシミを改善できないか」「シミ取りをやってみたいけど方法が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、目の下のクマの種類を解説するとともに、クマの種類ごとの治療法ややり方をご紹介します。自力でのシミの改善を検討している方や、美容クリニックでの施術を検討している方はぜひ参考にしてください。

目の下のクマの種類

クマと一口に言っても、目の下のクマは下記の3種類に分かれます。

  • 青クマ
  • 茶クマ
  • 黒クマ

それぞれ順番に解説します。

青クマ

血行不良が原因で起こるクマが青クマです。血行不良により、毛細血管が透けて見えている状態のことで、「還元ヘモグロビン」が増え、青黒くなってしまうと言われています。
青クマの主な原因は上述の通り血行不良ですが、血行不良の原因はスマートフォンを長時間見ていることや、運動不足、喫煙、寝不足、心身の疲れなどが挙げられます。

茶クマ

色素沈着が原因で起こるクマが茶クマです。花粉症が原因で目の周りを擦ったり、紫外線のダメージを受けたり、スキンケアによる慢性的なダメージの蓄積によって起こります。
目元は他の部位と比較して、皮膚の厚みが3分の1程度だと言われています。そのため、強い刺激を与えてしまうとダメージも受けやすいため、紫外線対策を日頃から行うことや、適切な方法でスキンケアを行うことが重要です。

黒クマ

目の下のふくらみや、たるみによって影ができることが原因で起こるクマが黒クマです。美容クリニックでクマの改善を図りたい方の大多数が黒クマで悩んでおり、加齢に伴って黒クマができる方も多く見られます。
これは、加齢に伴って目元の「眼窩脂肪」が前方へせり出し、ふくらみが起きるためです。また、紫外線ダメージが蓄積すると肌のハリがなくなるため、それが原因でたるみが起こることもあります。
このように、クマの種類は青クマ、茶クマ、黒クマと3つに分かれますが、自分がどのクマに該当するのか分からない方も多いかもしれません。
そういった場合は、美容クリニックの無料カウンセリングを検討してみてください。
御徒町駅から徒歩1分のところにあるエールクリニックでも、LINE公式アカウントにご登録いただくと、本来3,300円のカウンセリングを無料で受けられます。
LINE登録は来院時で問題ありませんので、まずはお気軽に下記からカウンセリングをご予約ください。

美容クリームやマッサージで目の下のクマは改善できる?

インターネットを見ていると「美容クリームでクマを改善できる」「マッサージでクマを改善できた」という意見を目にした方もいるでしょう。結論として、これらの方法は青クマや茶クマの改善には効果的であるケースも見られます。
青クマの原因は血行不良であるため、マッサージで血流を促すことでクマが改善する可能性もあります。また、茶クマの原因は色素沈着であり、美白剤や日頃のスキンケアの見直しを図ることで改善することもあります。
ただし黒クマの場合は、美容クリームやマッサージでは改善できません。黒クマの原因はたるみやふくらみですが、マッサージを行うと、摩擦が起きることでかえってシワやたるみが起こってしまう可能性も高いです。
詳しくは後述しますが、黒クマの改善は美容クリニックで受けられる「経結膜脱脂法」がおすすめです。

クマの種類ごとのおすすめの治療法・やり方

それでは、ここからはクマの種類に対するおすすめの治療法・やり方をご紹介します。結論として、それぞれの治療法は下記のとおりです。

  • 青クマ:生活習慣の見直し・再生注射
  • 茶クマ:レーザー・ハイドロキノン
  • 黒クマ:手術・注入

それぞれ順番に見ていきましょう。

青クマ:生活習慣の見直し・再生注射

青クマは、生活習慣の見直しを行うことから始めましょう。生活習慣の乱れが血行不良に繋がっているケースは多く、睡眠週間の見直しや喫煙を控える、運動不足を解消することに取り組みましょう。
また、ホットタオルを活用して血流を促進するのもおすすめです。ホットタオルは自宅でも簡単に作ることができるので、下記の手順を参考にしてみてください。

  • 45~50度くらいのお湯を用意する
  • タオルの半分だけをお湯に入れる(1分程度)
  • 濡らしていない部分で濡らした部分を包む
  • 絞ったら完成

これらの生活習慣の見直しやホットタオルでも改善が見られない場合は、美容クリニックの再生注射を検討します。再生注射は一度の注射では効果がほぼなく、持続期間も短いです。それでも、複数回かつ継続的に注射することで効果が見られるケースもあるため、セルフケアで改善できない場合は検討してみると良いでしょう。

茶クマ:レーザー・ハイドロキノン

茶クマの改善は、美容クリニックで受けられるピコレーザーがおすすめです。ピコレーザーとは、1兆分の1秒である「ピコ秒」で照射するレーザーのことで、衝撃波で色素を砕きます。
そのため、茶クマの原因であるメラニンの破壊に直接アプローチできることが特徴です。従来のレーザー治療と比較してダウンタイムも短く、1回の照射で効果を実感できる方も多く見られます。
また、塗り薬として下記2つを併用するのもおすすめです。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

トレチノインは、皮膚のターンオーバーを活性化させ、古い角質を剥がして皮膚を薄くするものです。一方のハイドロキノンは、すでにあるシミと、これからできるシミに直接アプローチできる塗り薬です。
基本的には「トレチノイン→ハイドロキノン」の順番で塗りますが、順番が前後しても効果が悪化するわけではありません。

黒クマ:手術・注入

黒クマの改善は、経結膜脱脂法がおすすめです。黒クマの原因であるふくらみやたるみ、凹みを改善するため、目の下の不要な脂肪を取り除く施術になります。
経結膜脱脂法の場合、抜糸をする必要もありませんし、脂肪取りだけで黒クマが改善する方も多いです。
しかし、加齢に伴って肌のハリがなくなり、凹みが原因で黒クマが起こる方もいます。こういった場合では、経結膜脱脂法の脂肪取りと併せて、ヒアルロン酸の注入を検討することも1つの手段です。
当院(エールクリニック)にお越しいただく患者様の多くは、上述の通り脂肪取りだけで満足する方も多く見られます。
脂肪取りとヒアルロン酸の注入を同時に行う場合は費用も高額になりますので、まずは脂肪取りを行い、経過を見つつ必要な場合のみヒアルロン酸を注入するのがおすすめです。
これらの詳しいご説明を行うカウンセリングもご用意しておりますので、ぜひお気軽にエールクリニックまでお問い合わせください。

料金表についてはこちら

キャンペーンやモニター募集は随時おこなっておりますのでご相談下さい。

クリニック紹介はこちら

初めての方はこちらを御覧ください。

東京上野・御徒町の美容外科・美容皮膚科 AILE Clinic(エールクリニック) 院長 井原力哉

クマ取り治療のダウンタイムは?

ここまで、クマ取り治療のやり方を解説してきましたが、同時に気になるのが「ダウンタイムはどれだけ長いのか」ということではないでしょうか。結論として、クマ取りのダウンタイムは施術内容や個人差がありますが、3日〜2週間程度です。
主に内出血、痛み、腫れなどの症状が見られますが、時間が経過するごとに症状は軽減されていきます。
もし仮に、症状が軽減されない場合は、一度担当の医師に相談することが大切です。
クマ取りのダウンタイムは下記の記事でもご紹介しておりますので、ぜひ併せて御覧ください。

クマ取りのダウンタイムはいつ終わる?腫れの状態や過ごし方

東京都でクマ取りができるクリニックをお探しならエールクリニックへ

本記事では、クマ取りのやり方を解説してきました。クマの種類によってやり方(治療法)が異なるため、まずは下記を参考にしていただければと思います。

  • 青クマ:生活習慣の見直し・再生注射
  • 茶クマ:レーザー・ハイドロキノン
  • 黒クマ:手術・注入

加えて、ご自身のクマの種類が分からない方は、間違った施術を行わないためにも、ぜひ一度美容クリニックの無料カウンセリングを活用することを推奨します。
御徒町駅から徒歩1分のエールクリニックでも、LINE公式アカウントにご登録いただくと、通常3,300円のカウンセリングが無料になります。
また現在、通常価格20万円(税込22万円)の「経結膜脱脂法(切らないクマ取り)」を、モニター価格9万円(税込99,000円)で受けられるキャンペーンも開催中です。
下記の予約システムの「ご要望欄」に、キャンペーンをご希望の旨を記載の上ご予約ください。クマ取り治療の豊富な経験をもとに、あなたのご状況に合わせた治療をご提案いたします。

料金表についてはこちら

キャンペーンやモニター募集は随時おこなっておりますのでご相談下さい。

クリニック紹介はこちら

初めての方はこちらを御覧ください。

東京上野・御徒町の美容外科・美容皮膚科 AILE Clinic(エールクリニック) 院長 井原力哉

Let's share!